鳩に好まれた場所では駆除が必要不可欠❘被害をマッハで一掃

女性作業員

執拗な性格

2人の作業員

鳩による被害は非常に大きく、糞害など衛生面での被害の他に、鳴き声による騒音被害ももたらしてくるでしょう。野外で生息している野鳩の鳴き声はそう気にならないものです。しかし、身近である自宅のベランダに住み着かれた後は、ときに群れになって一斉に鳴き出すことがしばしばあり、毎日続くとなると精神的ストレスを生み出してしまうでしょう。鳩の存在が生活圏内に侵入してくることによって、もたらされる被害はとても大きい為に駆除業者の需要は年々高まる一方にあります。鳩の駆除を専門的に行なっている業者は、現地調査を経てから駆除作業に取り掛かります。基本的に、早朝から夕方近くまで巣を離れ、餌を探し求める習性はあるものの、環境によってその時間帯は多少異なるものです。効率のいい駆除作業を徹底できるように、行動パターンを抑えておくことは非常に重要だと言えるでしょう。

何においても執着心の強い鳩は、駆除する際にしっかり再発防止を意識した取り組みを行なっていないと再び自宅へ鳩が集まる可能性があります。現に被害をもたらしている鳩の駆除、回収が済んだ際にはゼリー状の忌避剤をベランダに塗布しておくといいでしょう。鳩は体力の都合上、常に飛び回ることは不可能に近いので、ときどき、自身が決めた休憩場にて羽を休めようと足止めすることがあるでしょう。その足止めをする場所として、ベランダの手すりが選ばれやすいものです。ベランダの手すりに忌避剤が塗布されていれば、休憩することもできず、その場へ執着することなく離れていくでしょう。こうした再発防止効果は長期的に続くので、一度の駆除依頼で高い改善効果を得られると言えます。