鳩に好まれた場所では駆除が必要不可欠❘被害をマッハで一掃

女性作業員

糞処理のサービス

作業員

自分の住処だと主張する為に、鳩は自宅のベランダや屋根裏、建物の屋上などに大量の糞を残していくでしょう。糞はもちろんのこと、衛生上人間に悪影響を与えるものとなるので、処理は早めに行なっておくべきだと言えるでしょう。しかし、人気のない無人の建物であると、鳩からの被害が及んでいることに気づかず長年放置されている例も珍しくありません。そうした被害に気づいたとき、それら全てを処理することは大分困難なことだと言えるでしょう。乾燥した糞は、もともとそこに生息しているウイルス以外にノロウイルスが発生する可能性があり、換気のいい場所でマスク、手袋を着用という装備なくしては処理できないものです。

多くの人が困り果てている鳩の駆除を請け負う業者は、駆除や回収の他に、糞処理や殺菌消毒を行なうなどのアフターサービスまで一括して行なってくれるでしょう。糞の処理は誰でも嫌なものです。しかし、プロである駆除業者が衛生面で安心できる場所を作り出すので、依頼するメリットはとても大きいと言えるでしょう。全ての駆除業者がアフターサービスを行なっているとは限らないので、業者選びの際には提供しているサービスや費用を比較することです。また、忌避剤などの再発防止策以外に、ワイヤーやテグスなどの防鳥ネットの設置も可能としています。普段は管理できない場所での対策は、広範囲でも確かな効果を生み出す防鳥ネットを選ぶといいでしょう。網よりも固く、鳩に食いちぎられる心配がないのでとても便利なものです。